スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイプードルの食事

1日2回の食事が理想

トイプードルの食事は、飼い主のライフサイクルに合わせた時間で、1日2回程度が理想。線の細い犬の場合は1日3回でもOK。逆に1日1回だと一度に食べる量が多くなるため、太りやすくなってしまうので気をつけよう。犬は習慣性の高い生き物なので、一度時間を決めて食事を与えるようになると、それが習慣になる。できるだけ、決まった時間にご飯を与えられるようにすると、ストレスがたまらなくてよい。

与える量は腹八分目

食事をあまり与えすぎると胃が大きくなってしまい、結果、太りやすくなってしまう。また、下痢にもなりやすいので、腹八分目くらいがちょうどいい。

えさは皿に入れっぱなし

よく、残したえさを皿に入れっぱなしにするのはよくないと言うが、トイプードルの場合は問題ない。トイプードルは他の犬と比べて食欲がずっとあるわけではないので、皿にえさがずっとあっても、必要以上に食べる心配があまりないのだ。逆にもともと胃が小さいため短時間で食べきれないこともあるので、置き皿状態でも問題ない。



子犬用のドッグフードを見に行く


水の与え方

水はずっと入れっぱなしでOK。ただし皿で水を与えると、けっこう周りをびしょびしょにしてしまうから注意。基本的に犬用の水ボトルを使用するといい。与える水は水道水でOK。ミネラルウォーターを使うなら硬水は下痢の原因になるので、軟水にした方がいい。

生後10ヶ月までは専用のエサを

トイプードルに食事を与えるときに気をつけることとして、生後10ヶ月くらいの子犬の場合は専用のエサを与えるというのがある。ドッグフードにも子犬用のものと成犬用のものがあるので、ちゃんと正しいものを与えてあげよう。

トイプードルのしつけ方 - 上下関係編

犬と人間の間には上下巻関係がある、というのをしっかりと教えてないといけない。これをしないと人間の命令をちっともきかない犬になってしまう。飼い主がボスだということをちゃんと認識させてあげる必要があるのだ。

人間が要求したことをさせる

犬のほうから要求してきて、何かをしてあげるのではなく、常に人間のほうが要求してさせることが大事。たとえば、犬のほうがよってきたからなでてあげるのではなく、人間のほうが「( ゚Д゚)∂゛チョットコイヤ」と呼んでなでてあげる、などだ。

けっして甘やかさない

トイプードルのような小型犬を飼ってる人は、ついつい甘やかして育ててしまう人も多い。妙に臆病だったり、よく吠えたりする小型犬が多いのはそのせいだ。小型犬だからといって甘やかさずに、人間のほうが偉いということをわからせることが重要だ。それが犬のためにもなるのだから。

トイプードルのしつけ方 - 無駄吠え編

とにかく無駄に吠えることをしないようにしつけること。特にトイプードルは警戒心が強く吠えやすいので、しっかりとしつけてやることが大事だ。

吠えたら叱る

基本編でも述べたが、吠えたら叱ることだ。その際、ちゃんと犬の目を見て、毎回同じ言葉で叱ること。これを繰り返していれば吠えなくなる。また、大きな音を出すのも有効だ。ソファーを叩いたり、新聞紙などで床を叩いたりして音をだそう。間違っても犬の方を叩かないように。それでも無駄吠えがなくならないようなら、吠えたら水しぶきを顔にかけたりするのも有効だ。

無駄吠えの原因は犬からの要求

無駄吠えをする原因の一つが、犬からの要求。つまり、ご飯が食べたかったり遊んで欲しかったりを訴えていることも。なので、吠える前にちゃんとご飯をあげたり遊んであげたりすることで、吠えなくてもしてもらえるってことを覚えさせよう。

トイプードルのしつけ方 - 噛みぐせ編

小型犬と言っても噛みぐせがつかないようにしつける必要はある。ちっちゃな子供相手に事故が起こることだってある。甘やかさずに、ちゃんとしつけてあげよう。

鼻と口をおさえる

甘噛みしてきたら、すかさず鼻と口をおさえてしかる。犬が動けないようにしっかりと固定することが重要。あ、もちろん噛まれたままじゃなくて、口から手をどけてからやること。

噛むのをやめたら褒める

甘噛みしてきたらとにかく無視するという方法もある。そして、噛むのをやめたら褒める。こういうしつけを繰り返していれば、1週間くらいで噛まなくなってくるだろう。

トイプードルのしつけ方 - トイレ編

まずはトイレに連れて行く

しつけの基本はトイレから。まずはしつけ用のトイレを用意しよう。そしてそのトイレの周りをダンボールなどで囲ってしまう。で、最初はおしっこやうんちをするタイミングで、四方を段ボールで囲われたトイレに連れていき、させる。おしっこやうんちのタイミングがわからないっていう人は、トイプードルが起きたときやご飯のあとが最も排泄をしやすいので、そのタイミングで連れて行くといいかも。で、根気よく待とう。そして、排泄をしたら思いっきり褒めてあげよう。とにかく初日はこれを繰り返す。

2日目~3日目も連れて行く

初日の段階を超えたら、段ボールの囲いを3方向にしてあげよう。その状態でまた初日のやり方を繰り返す。とにかく根気よく繰り返すのが大事、ここで適当にするとずっとトイレを覚えない可能性もあるので気をつけよう。



しつけ用トイレ


4日目以降は自分で行かせることも織り交ぜる

ここまでやると、次第に自分からトイレに行くようになってくる。とはいっても、まだ完全ではないので、連れて行く方法も織りまぜながら、しっかりと監視しよう。そして、トイレを上手く済ませたらとにかく褒める。これをひたすら繰り返せば必ずトイレを覚えるようになる。

覚える期間は犬それぞれ

実際にトイレをマスターするのに要する期間は、かなり個体差があり犬それぞれと言える。物覚えの速い犬なら1~2週間で覚えるが、遅い犬だと3ヶ月くらいかかる場合もある。覚えが悪くても決してぶったりしてはだめだ。目を見てしかったあげたり、褒めてあげたりをとにかく根気よく繰り返すことが大事なのである。
記事一覧
PR
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。